MENU

今や治療院や整体院は街中に溢れています。
これだけあるのだから、さぞかし皆健康になるのかと思えば
治療院を渡り歩く人が増えるばかりというのが現状のようです。

それはなぜなのでしょうか?!
あなたは胸を張って『自分の治療院に来てくれたら治る』と言えますか?
どこかで不安を抱えてはいませんか?

現代人の病気の原因は一昔前に比べてかなり複雑な様相を呈していることは
ご理解いただいていると存じます。
24時間営業の店、ゲーム、パソコン、スマホ、ファストフード、インスタント食品、食品添加物
エアコン、などなど物理的な要因でもまだまだありますし、ここに
複雑化した人間関係など精神的なストレスも加わってきます。

一つの治療法を学んでそれを施すだけで治すことが難しいのが現代の人々なのです。

ではどうすることで『治す』ことが可能になるのでしょうか??

たくさんの技術を学ぶこと?
一人一人の生活習慣までケアすること?
期間をかけること?

答えは『本質』を理解することです。

人間も動物です。
動物は自然の中で生きる術を本能的に身に付けているので、
多少の怪我や病気をしても治療を施さなくても自分の力で回復し生きていけるのです。
よく言われる『自然治癒力』というものですね。

現代人はその本能を忘れてしまっている状態です。
治療院の謳い文句に『自然治癒力を取り戻す』とよくありますが、
その本質を理解している人はどれくらいいるでしょうか?

背骨を整えるだけで『自然治癒力』は本当に高まるのでしょうか?
脈が整ったらそれでいいのでしょうか?

東洋医学には『本質』が詰まっています。
東洋医学は難しい学問ではありません。
学生時代に学ばれた方は学ぶ時の書籍が難しかったり、講義が難しい場合はあったかと思いますが、
東洋医学というものは自然の中で自然に生きるための学問であり、
その本質はとてもシンプルです。

当セミナーをお聞きになったらわかると思いますが、
当たり前のことしか言っていません。
でも、私たちは簡単に当たり前のことを忘れてしまうものなのです。

今一度、『治す』ということはどういうものなのか、私たちと一緒に考えていきませんか。